大学教務実践研究会 第8回大会    ポスターはこちら (終了しました)

【開催日時】

2020 年 12 月 19 日( 土 ) 10:00  ~ 16:00  ( 9:40 接続開始)

【主 催】

大学教務実践研究会、名古屋大学高等教育研究センター《質保証を担う中核教職員能力開発拠点》

【概 要】 

大学教務実践研究会は、教務の現場における事例を持ち寄り、それを整理した上で実践的な知識まで高めることを目的に活動しています。

第8回となる本⼤会では、スタッフ・ディベロップメント(SD)の義務化を踏まえ、「質保証を担う中核教職員能⼒開発」という本研究会の⺟体となる名古屋⼤学⾼等教育研究センターの事業⽬的に照らし、「教学マネジメント」「教務系職員の能⼒開発」「教職課程」等をテーマとした4つの分科会を設定し、実践的な知識を共有します。学⽣が輝く⼤学・短⼤・⾼専づくりに⽇々取組まれている教職員の⽅々のご参加をお待ちしております。本年度の⼤会はZOOMによるオンラインで開催します。オンライン参加が可能であることをご確認の上でお申し込みください。

【オンライン参加の要件等】

・カメラ・マイクが利用可能で、高速なインターネットに接続されたPC等が用意できること。
・発言等ができる静穏な環境で参加できること。

【プログラム】

  9:40 分科会1接続開始

 10:00  分科会1 ※いずれか1つを選択していただきます

  1a)教学マネジメント推進を支える大学職員の役割

担当:⾠⺒ 早苗(学校法⼈追⼿⾨学院)、⽵中 喜⼀(愛媛⼤学)

DP・CP・APに加えアセスメントポリシー策定などにより、到達目標を明確にした整合性ある教育課程の編成、これによる学生の育成が大学に強く求められています。こうした要請を実現していくことを視野に、教育プログラムのマネジメントにおいて果たす大学職員の役割について、追手門学院大学での事例を紹介しながら、意見交換・検討する機会にしたいと思います。

 

  1b)教務系事務組織を点検する 〜組織改善のコツを共有する〜

担当:宮林 常崇(東京都公⽴⼤学法⼈)、別当 ⼤輔(中京⼤学)

学生や保証人、教員から「冷たい」「回答になっていない」「担当者によって言うことが違う」などを言われてしまう教務窓口は少なくありません。なぜ、このようなサービスの低下を招くか、そして、これをどのように改善していくかについて、論点整理とグループワークを通じて、それぞれの職場で活かす方法を考えます。また、コロナ禍での教務事務関連通知(教職課程除く)のレビューを行い、各事務室がそれらに対応できているかを点検する機会も設定します。

 12:30  休憩(12:00で一度終了し、12:30までは分科会後の個別質問の場とします)

 13:10  分科会2接続開始

 13:15  分科会2 ※いずれか1つを選択していただきます

  2a)環境の変化に対応できる教務系職員の育成〜コロナ禍の経験から改めて考える〜

担当:宮林 常崇(東京都公⽴⼤学法⼈)
話題提供:⽥頭 吉⼀(公⽴⼤学法⼈⼤阪)、⽵中 喜⼀(愛媛⼤学)

事務室の自席から学生を眺めているだけでは、本当に必要な学生支援はできません。学生を取り巻く環境の変化を察知、課題を顕在化し、関係組織と連携しながら、必要な学生支援を展開していく・・・コロナ禍における教務事務の職場は、まさにこのことが求められました。この分科会では、環境の変化に対応する際、ヒト・モノ・カネの限界を「対応できない理由」にするのではなく、工夫で乗り越えることができる職員を現場でどのように育成するか考えます。参加者それぞれがコロナ禍の状況を振り返ることで、この以前から語られてきたテーマを改めて考えてみたいと思います。

  2b)学力に関する証明書作成に関してよくある質問事項について

担当:小野 勝士(龍谷大学)

これから年度末にかけて多くの大学で作成する「教育課程の変更届」について、具体的な変更事例を提示しますので、参加者の皆さんにどのように様式に落とし込むかを考えていただきます。その後、教職課程認定基準や課程認定申請の手引きの記述をもとに教育課程の変更届の書き方について解説していきます。

 16:00  閉会(15:30で一度終了し、16:00までは分科会後の個別質問の場とします)

【定 員】

各分科会 280名(定員に達し次第、締め切ります)

【参加申し込み】

こちら  から、Peatixでお申込み下さい。 12月11日(金)締切

※いただいた個人情報は、本企画運営の目的にのみ使用いたします。

【参 加 費】

1名につき2,000円(名古屋大学所属の方は無料です)
 

参加費の支払い方法・キャンセルについて

申し込みサイトにてクレジットカード、コンビニ、ATM払いが可能です
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB、AMEX、PayPal
コンビニ:LAWSON、FamilyMart、サークルK、サンクス、Mini Stop、
     Daily Yamazaki、Seicomart

ATM:Pay-easy、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、自分銀行


コンビニ/ATM払いでの購入は、1件あたり220円の手数料が発生します。

キャンセルの方法についてはPeatixの参加者helpサイトを参照の上手続きお願いします。
コンビニ・ATM払いの場合、返金手数料としてキャンセル1件につき340円の手数料が発生します。

 

【お問い合わせ】

kyoumujissen@gmail.com(教務実践研究会)

© 大学教務実践研究会 All rights reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now